2010年03月18日

自見幹事長、鳩山邦夫氏との“友情”に期待(産経新聞)

 国民新党の自見庄三郎幹事長は15日夜、国会内で記者団に対し、自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相について「市場原理主義を否定している点で友情を感じていた。連帯の気持ちを持っている」と評価した。その上で、鳩山邦夫氏との連携について「政治状況による」と、検討する考えを示した。

【関連記事】
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」
小沢幹事長、鳩山邦夫氏との連携「全く考えず」
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ
舛添氏、鳩山氏との連携「具体的なことは決まっていない」
20年後、日本はありますか?

普天間県内移設に反対=沖縄県議会、防衛相に(時事通信)
<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)
救急救命士の職能団体が発足(医療介護CBニュース)
posted by オガワ タツオ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。